サーバー復旧成果

//サーバー復旧成果
サーバー復旧成果 2021-02-05T00:38:20+09:00

復旧成果

弊社ではサーバー、NAS、RAIDの種類・症状問わず、あらゆるのトラブルに対応ができます。
ここでご紹介する復旧成果は殆どが他社で復旧出来なかった製品から復旧成功した事例でございます。
万が一、お客様の症状と当て嵌まる成果事例がなくてもご相談下さい。 

H02-3MB74 <データベース> Oracleのdbfファイルのヘッダー情報が壊れました

カテゴリ  :  [データベース]
閲覧数  :
942
1/9 受付番号
 → H02-3MB74

2/9 Oracle11gデータ復旧
 → お客様からお問い合わせ内容
最近まで使用したのOracleファイルを開くことができなくなりました。バックアップファイル(backup file)もないです。DBCCコマンドでも復旧ができませんでした。データベースの容量は*.dbfファイルと*.ctlファイル80GB分量のです。

3/9 依頼時の状態

 → Oracleデータベースのファイルがracleのバージョンは11gでマウントされないことを確認しました。

4/9 他復旧会社経由有無

 → 2社

5/9 診断結果

 → 不特定な原因により、システムテーブルスペース(System Table Space)ファイルが破損していることが判りました。
システムテーブルスペースが損傷されますとデータベースがオープンすることができないというメッセージが出力され、データベースを使用することができなくなります。

6/9 作業内容

 → データベースのスキマー情報を用いてテーブル段位でデータを復旧して
   新しく構築したテーブルにデータをインポートしました。
   1) 復旧プログラム作成 - 5日
2) データベース構築 - 0.5 日

   3) 復旧作業 - 28日

7/9 復旧データ容量

 → データベース復旧容量 約78GB

8/9 作業期間

 → 約34日

9/9 復旧データ状態
dbfファイルのヘッダ情報の一部が壊れていたので使用者データは100%復旧できました。

コメント:dbfファイルが損傷されたトラブルは少々の会社でも対応が出来ますがdbfファイルのヘッダ情報が損傷された場合は弊社のようなアルゴリズムがない会社は復旧はできないと思われます。弊社のOracleデータベース復旧アルゴリズムは弊社独自開発アルゴリズムです。
上記のような復旧作業はいまのところ弊社しか対応できません。

その他の復旧成果

ここでは
・パソコンデータ復旧

・Macデータ復旧
・ハードディスク復旧
・SSDデータ復旧
・USBデータ復旧
・SDデータ復旧
・音声データ復旧
・ICレコーダー復旧
・FLOPPYディスク復旧
・MOディスク復旧
・CDデータ復旧
・DVDデータ復旧
・Blu-rayデータ復旧
・写真復旧
・EXCEL復旧
・WORD復旧
・PDF復旧
・eメール復旧
等の復旧した成果が閲覧できます

ここでは
・ビデオ映像復旧

・カメラ映像復旧
・防犯カメラ映像復旧
・GoPro映像復旧
・ドライブレコーダー映像復旧
・ハードディスクレコーダー復旧
・mxf映像復旧
・MP4映像復旧
・MOV映像復旧
・AVI映像復旧
等の復旧した成果が閲覧できます

ここでは
・コンピュータフォレンジック

成果が閲覧できます